DFSS(Design for Six Sigma:シックスシグマ設計)とは

シックスシグマは、ゼネラル・エレクトリックを始め、ソニー、モトローラ等世界の一流と言われている企業が取り入れている経営改革手法。シックスシグマの本来の意味は、統計学的に非常に不良が少ないということ。

 

DFSS(Design for Six Sigma:シックスシグマ設計)とは、シックスシグマ を設計に適用したものである。

 

ソフトウェア開発にあてはまると、

   ・顧客でのバグの発生が無い
   ・開発日程に影響のあるバグの発生が無い
   ・過剰品質を追い求めるむだな開発コストへの投資が無い
   ・開発日程のばらつきが無い(精度の向上)
   ・開発担当者の育成に貢献

 

 

シックスシグマの特徴  

 

DFSSによる品質改善  

 

DFSSの失敗例

 

コンサランスでは、経営改革を伴うDFSSによるソフトウェアの品質改善は、お客様に高い評価をいただいております。

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。名古屋、大阪、広島などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。