要求仕様定義

要求仕様定義がレベルが低いと、品質に影響するばかりでなく戻り作業が多くなるなどの弊害が発生する。また、最近は要求仕様定義がますます重要視されている。

要求仕様が重要視されている背景には下記がある。

 

・ソフトウェアが大規模化し複雑性が増す中で、開発の後工程での要求仕様の変更は、日程、コストなどへのインパクトが大きい。特に組込みソフトウェア開発では、従来のようなハードウェアとのすりあわせ開発と言われる手法では成り立たなくなった。

・オフショア開発を始めとする協業などが活発化しており、特に要求仕様を明確にし、後は協力会社へ発注するなどの流れが加速している。

・曖昧な要求仕様による問題が多発し、品質に大きな影響を与えている

 

要求仕様を定義する上ではいくつかのポイントがある。

 

・要求と要求仕様(要件)を切り分けて纏める。

・非機能要求に関する要求を明確にする。非機能要求とは、保守性、信頼性、移植性、使用性、効率性に関する要求を指す。

・設計情報は、参考情報等とし明確に区別する。

 

次回は、この非機能要求をいかに纏めるのかをお話します。 

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。北海道、青森、宮城、名古屋、岐阜、福井、大阪、岡山などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。