開発プロセス

 開発管理のシリーズでブログを書いていたが、ある意味一番重要な開発プロセスの話が後になった。開発プロセスというとピンとこない方も多いかもしれないが、開発手順書と考えた方がわかりやすいかもしれない。

 それでは、その開発プロセスであるが、企業/事業部などの単位で設定されていることが多い。よく開発計画書(プロジェクト計画書)との関係がわからなくなる人がいるが、開発プロセスは、複数のプロジェクト共通の手順書、開発計画書はプロジェクト(開発案件)毎の計画書である。従って、開発計画書をどのように作成するかも、開発プロセスで記載してあることになる。

 

 コンサランスでも、開発プロセスの作成コンサルティングを請け負うことも多い。しかし、ただ単に、”開発プロセスを作ってほしい”とか”開発プロセスが欲しい”という場合はお断りすることが多い。

 

 というのは、開発プロセスは、品質、コスト、納期を目的としたものでなければならいないが、開発製品毎にその状況(要求)は異なる。つまり、過剰品質になってもいけないし、組織にあった開発プロセスが必要になる。また、単に他人が作成した開発プロセスでは、その意図が不明であり、本当の意味で改善はできないからである。通常は問題発生による再発防止などを通じて、開発プロセスは積み上がっていく。

 

 ではコンサルティングではどうするかというと、下記の2通りを状況により使い分ける。

 ①コンサルタントとして状況をヒアリングし改善案に繋がるヒントを提示する。

  これを担当者側で考え、開発プロセスを作成していく。

 ②コンサルタントとして状況をヒアリングし改善案を提案する。

  それが理解されれば、開発プロセスの一部となる。それを繰り返し積み上げていく。

 

 実際にはコンサルタントも今までの経験では改善できないような状況の場合もある。この場合は、担当者と共に改善案を考えていく。話は元に戻るが、既に存在する開発プロセスを

提示するのはコンサルタントの仕事では無いと考えている。

 

 それでは、どのような項目を開発プロセスで規定すればよいのだろうか?

 (続きは次回のブログで) 

 

 

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。名古屋、大阪、広島などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。