UML(Unified Modeling Language)(その3)

UMLでは定義されている図が多いが、全て習得が必要かというとそうでは無い。必要な図のみ習得すれば良く、また細かい表記法も前回の分類した目的に合わせた深さの習得で問題無い。

ユースケース図:要求仕様定義のみならず、ビジネスモデルを表記する際にも使用するため、習得価値が高い図と言える。

 

クラス図:UML自体がオブジェクト指向ベースであるが、このクラス図はその要となるものである。

 

シーケンス図:オブジェクト間の流れが複雑になる場合など、その時系列が表現できるため、レビューなどで使用することが多い。

 

コミュニケーション図:オブジェクト間の流れがあまり複雑でない場合は、シーケンス図を使用せず、コミュニケーション図で表現可能。


状態マシン図:組込み系などの状態遷移が複雑な場合に使用。

 

その他の図も用途を理解し、必要に応じて使用することが重要である。

 

 

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。北海道、青森、宮城、名古屋、岐阜、福井、大阪、岡山などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。