テスト(評価)

テストは、開発管理上も、品質改善においても重要である。

 開発V字モデルでのテストの位置づけでお話したが、要件定義、設計に対応したテストを実施することが重要である。

 

 また、品質を重要視する場合は、第三者検証などのブラックボックステストが必要になる。ここで、簡単にホワイトボックステストとブラックボックステストについて記載する。

 

 一般にホワイトボックステストは担当者が自ら実施するテスト、ブラックボックステストはソフトウェアなどの構造を知らない第三者が実施するテストを指す。

 

 ホワイトボックステストでは構造などを知っている担当者は論理的な境界などを意識した効率良いテストが可能である。一方、担当者は思い込み、先入観などがあり、設計したようにテストするため、基本的な部分での不具合を見逃す可能性がある。これを防ぐために、

第三者によるブラックボックステストが必要になる。ブラックボックステストは、構造などを知らないため、要求仕様書などをもとに愚直にテストが実施される。そのため、問題のすり抜けは発生しにくい。

 

 上記の様に、品質を考えると、ホワイトボックステストとブラックボックステストを合わせて実施することが望ましい。

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。北海道、青森、宮城、名古屋、岐阜、福井、大阪、岡山などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。