キャリアシフト

世の中の動向の変化により、戦略的にエンジニアのキャリアシフトを考えなければいけない場合がある。

そのためのキャリアシフト研修を実施することもあるが、先日ブログで記載した新人研修と異なるポイントがいくつかある。

 

戦略的なキャリアシフトと記載したが、担当者個人の適正からキャリアシフトを検討する場合もあるが、これからの話は世の中の動向・ニーズが要因のものである。要因としては下記の項目がある。

 

①金融系のCobol技術者の余剰

②オープン系エンジニアの需要の増大

③オフショア開発などのアウトソーシングの増大

④営業力の強化の必要性

 

まず、流れとしては①のCobol系技術者が②③の対応や④の営業担当へシフトすることが多い。

 

②へのシフトのポイント:言語の違いでは無く、構造化設計からオブジェクト指向設計の違いの吸収であることが多い。ここが実はかなり厄介で、構造化設計の考え方が身に染み付いているエンジニアがオブジェクト指向を吸収することは容易では無い。

 

③へのシフトへのポイント:通常求められる技術で多いのは、要求仕様定義と評価(テスト)技術であり、今までの設計・開発ではあまり重要視してこなかったことが多い項目の吸収である。

 

④へのシフトへのポイント:従来のエンジニアはやはり顧客視点でものごとを考える力が不足している。このため、要求アナリシス、ソリューション力、提案力を身につける必要がある。

 

研修では今までの経験を活かすことを前提にしつつも、ゼロベースでの志向も必要になる。何れにしても、今までの実績を含めてプライドを尊重することが重要である。

 

 

 

 

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。名古屋、大阪、広島などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。