高品質のための超上流工程における企業の課題・取組み

超上流工程という言葉がかなり浸透してきたが、3月に独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)のソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)から公開された資料に「高品質のための超上流工程における企業の課題・取組み事例集」というものがある。

 この事例集は、以前に「経営者が参画する要求品質の確保」という書籍と関連するところもあり、企業が必要としている経営戦略とITシステムの融合を課題に、BSCなどを利用した手法で纏められている。

 昨今、要求仕様定義に加え、この超上流工程の重要性が認識されてきたことは間違い無いが、課題克服のための指針のための事例集というのはIPAならではのものと思われる。各企業は、複雑化しているステークホルダのニーズを捉え、纏めることにポイントを置いていることは言うまでも無いが、システムの供給側と利用者側のWin-Winの関係をどのように構築するかがもう一つのポイントである。

 

 

 

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。北海道、青森、宮城、名古屋、岐阜、福井、大阪、岡山などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。