プロセス構築の必要性

プロセスという言葉は、開発を実施しているとかなり頻繁に耳にする。いわゆる開発プロセスである。

 この開発プロセスは、開発の手順というふうに捉えたほうがわかりやすい人も多いと思うが、厳密には異なる。言葉の定義は置いとくとして、これらに開発プロセスが適切に定義されていないと、人により実施方法が異なり、結果のばらつきが発生する。つまり、品質の問題が発生しやすくなる。

 このプロセスであるが、開発のみでは無く全ての業務において業務プロセスというものが存在する。サービス業においても、店舗運営においても、この業務プロセスを定義し管理/改善をしないと、問題が発生しやすくなる。

 一般にこのプロセスは1人で行う業務に対しては重要度が低い。また、同じ業種であっても、環境、ユーザなど多様化した現代では、他で使用しているプロセスは自社の環境ではそのまま利用できない。

 ここで、経営というものをプロセスで捉えるとどのようになるだろうか?まず、世の中に経営プロセスというものがあるのだろうかという疑問が出てくる。”経営プロセス”をネットで検索すると、約7000件ヒットする。つまり、世の中には”経営プロセス”という概念は存在する。

 ただし、ネットでこれらの”経営プロセス”関連の内容を確認すると、割合最近重要性が認識されてきたということがわかる。私の考えは、この経営プロセスは重要であり、このプロセスを確立することも一定の意味があると思う。

 しかしながら、さきほど記載したように1人で行う業務に対しては重要度が低い。また、他で使用しているプロセスは自社の環境ではそのまま利用できない。ということから、経営プロセスを定義しても、利用性は低いと感じる。経営は、変化する環境をいかに適切に捉え、判断をしていくもののため、逆にプロセスを定義することによって、以前の考えに縛られ、マイナス効果もあると感じる。

 纏めるとプロセス構築は、状況によって判断するということのようだ。

 

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。名古屋、大阪、広島などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。