組込みソフトウェアのなぜなぜ分析(3)

 組込みソフトウェア開発に「なぜなぜ分析」を有効に活用するためには、以下が重要となる。

  1. 担当者による「事実(問題)確認シート」をヒアリングの前に実施する
  2. 業務全体の構成図、業務の流れ、情報の流れを明確にする
  3. なぜの答え1人の担当者からだけ場合は、なぜなぜ分析者が、本当か裏付けを確認する
  4. 事実記憶推測明確にわける
  5. 落としどころを決めない:担当者を誘導しない
  6. 分析の途中抽象度を上げない
  7. 意味が広いことばは使用しない
  8. なぜの答えに要因を2つ入れない
  9. 真因が出たと判断しても、さらに突っ込んで「なぜ」を実施
  10. 原因分析と対策立案を分ける

 

※「組込みソフトウェアのなぜなぜ分析」研修の案内はこちら

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。北海道、青森、宮城、名古屋、岐阜、福井、大阪、岡山などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。