要求仕様と設計仕様

 前回、開発V字モデルにて開発工程を記載した。その中で””要求仕様定義”と”方式設計”という工程(フェーズ)があると書いたが、この工程の切り分けは非常に単純そうに見えて、うまくいっていない場合が多い。

 つまり、要求仕様は何を(What)に、設計仕様(実現仕様)はどうやって(How)に想定する。これを間違って、要求仕様に入れるべき項目を設計仕様に入れてしまうと、互換機(後継機)で、設計変更を実施した際に互換性が無い製品となる。逆に要求仕様に

入れてしまうと設計の幅をせまくしてしまう。

 

 例としては、ユーザの端末の誤操作に対する動作を要求仕様で定義せず、設計段階で抜けに気づき設計仕様書記載したとすると、互換機(後継機)では要求仕様に記載されていないため、使用が変更になってしまう可能性がある。

 

 また、要求仕様を纏めている段階で、設計仕様(実現仕様)を思い描き、その内容を要求仕様に記載し、設計段階でその実現方法自身が要求と考えるということが発生する。

 

 これらの対策方法は研修などでも繰り返しお話しているが、実際に発生することも多い。

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。北海道、青森、宮城、名古屋、岐阜、福井、大阪、岡山などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。