組込みソフトウェアのなぜなぜ分析(2)

 組込みソフトウェア開発に「なぜなぜ分析」を適用したものの、成果に結びつかない理由は、なぜなのだろうか?

 主な理由は、以下である。

 ①事前の状況調査が不十分のまま、分析を開始する。事実、記憶、推測の整理ができていない。 

 ②業務の内容、あるべき姿を理解していないため、本質にたどり着かない。

 ③思い付きで原因を列挙する。

 ④先入観で原因を特定する(過去の経験や知識に捉われすぎている)。

 ⑤責任追及(犯人探し)の場になっている。

 ⑥分析の途中で抽象度をあげる。広い意味の言葉を使用する。

 ⑦問題(課題)の分析途中で、対策を同時に考えている。

 

それでは、どのような方法で「なぜなぜ分析」を実施すれば良いだろうか?

 

※「組込みソフトウェアのなぜなぜ分析」研修の案内こちら

コンサランス

お気軽にご相談ください

住所:(横浜事業所)

〒231-0021 

横浜市中区日本大通7 

日本大通7ビル4F YBP

 

代表:高安篤史

  (プロフィール

 

主な業務 :

 ・経営戦略/ソフトウェアの

  開発管理品質改善IoT

  関連のコンサルティング

 ・IT系研修などの講師派遣

   

email;takayasu【@】consulance.jp

( 【@】⇒ @ )

 

休業日:年中無休

 

対象地域 :

首都圏近郊(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県)を中心に全国へ出張等可能ですので、ご相談ください。名古屋、大阪、広島などにも出張させていただいております。

 

コンサルティング、研修提供、講師派遣をご希望の方は、下記の

メールアドレスへご連絡ください。 

email;takayasu【@】consulance.jp

 ( 【@】⇒ @ )

 

メールでの「お問い合わせ、質問、コンサルティング」では一切料金は発生致しません。

また、電話等での質問をご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。

 

直接詳細のお打ち合わせの御希望の方も、メールでご連絡ください。出張の場合も、初回は基本的に無料となっています。